THE WAY OF TEA
宗梯 侘数寄常住 男の茶之湯



古い岳友が冬山で遭難したまま帰らない

せめて遺体だけでも捜して弔ってやりたいと

山男たちは、なんども山に入った。

夏に近い頃に、やっと、山スキーだけがみつかった。


そこは稜線のガレ場から、300mもザイルで下降した、沢の源頭に近い谷川。

しかし、山男たちの懸命の捜索にも拘らず

岳人を探せぬままに、山は日に日に緑に覆われた。


岳人は迷い込んだ冬の沢で夜を明かし、

生を求めて何処に向かったのか

意を決して、その日の岳人と同じように

ひとり、川床で夜を明かし、

疲れた体を自然に委ねてみよう


山に聞く 岳人の待合


かつて若い岳人を山で失ってから、ザイルを手にするのは久しい

登攀具とツェルトと、供養する茶道具をザックにつめて

心は岳人に戻った





安達太良山 石莚大滝沢朝茶